本文へ移動

寺島進、10年で変わった? 温厚になった? 「『バカ野郎、コノ野郎』が少なくなった」

2022年1月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン会見に出席した出演者の(左から)藤井美菜、寺島進、北村有起哉、市毛良枝

オンライン会見に出席した出演者の(左から)藤井美菜、寺島進、北村有起哉、市毛良枝

 俳優寺島進(58)が、テレビ東京系主演ドラマ「駐在刑事 Season3」(14日スタート、金曜午後8時)のオンライン会見に共演の北村有起哉(47)、市毛良枝(71)らとこのほど出席した。
 かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に“駐在さん”と親しまれている江波敦史(寺島)が主人公。会見には、北村、市毛のほか、劇団EXILEの佐藤寛太(25)のレギュラー陣のほか、新レギュラーの藤井美菜(33)も出席した。
 寺島は、シーズン3が決まり「2時間スペシャルから約10年たつ。シーズン3が決まったからにはシーズン2を超えるものを作るのを心掛けている」と意欲満々。
 10年を振り返り「寺島が変わりましたね。『バカ野郎、コノ野郎』が少なくなった」と温厚になったとも。長女(11)、長男(6)の父である寺島に対し、北村は「寺島家にも新しい家族(長男)が生まれたりとか。そういう要因はある」と温厚になった理由を明かすと、寺島は「その辺はいい。カット、カット」と照れていた。
 初回は2時間スペシャルで放送。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ