本文へ移動

【中日】新人合同自主トレで「上武大から来たブライト健太です」と立浪監督にあいさつも「知っているよ」と返され笑顔

2022年1月13日 17時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立浪監督(右)にあいさつするブライト

立浪監督(右)にあいさつするブライト

 中日の新人合同自主トレが13日、ナゴヤ球場で始まった。ドラフト1位のブライト健太外野手(22)=上武大、同2位の鵜飼航丞外野手(22)=駒大=ら全6人のルーキーが集結。約2時間半トレーニングした。
 午後0時45分にグラウンド入り。野手組はキャッチボールや50メートルダッシュ、ゴロ捕、ティー打撃などをこなした。立浪和義監督(52)が見守っていたため、ブライトはメニューとメニューの合間に「上武大から来たブライト健太です」と率先してあいさつ。立浪監督からは「何度も会っているから知っているよ」と返され、緊張感がほぐれたという。中日屋内練習場ではティー打撃に臨み、5分間×3セットで計113スイング。184センチの恵まれた体格からのスイングを披露した。
 合同トレ初日を終えたブライトは「活気良く取り組むことで途中から寒さも気にならなくなりました。首脳陣の皆さんが見ているので『やってやろう』という思いもありましたが、けがをしてはいけないので気持ちは落ち着けて取り組みました」と振り返った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ