本文へ移動

【中央競馬】ディープ産駒のプラダリア、15日中京でデビュー戦「走らせれば問題はない」池添学師は強気

2022年1月13日 15時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 15日の土曜中京6R芝2000メートルにプラダリア(牡3歳、父ディープインパクト、栗東・池添学)がスタンバイ。10日の坂路では馬なりで4F53秒8―1F12秒2をマークして態勢を整えた。
 「バネが利いたいかにもディープインパクト産駒という感じ。ケイコの動きもいいし、少し気の入ったところはありますが、走らせれば問題はない。ええ、今のところ欠点はないです」と池添学師は強気な構えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ