本文へ移動

コロナ打撃、静かな金魚初市 弥富

2022年1月13日 05時00分 (1月13日 05時00分更新)
威勢のいい掛け声とともに競り落とされる金魚=弥富市の東海観賞魚卸売市場で

威勢のいい掛け声とともに競り落とされる金魚=弥富市の東海観賞魚卸売市場で

 金魚の産地、弥富市の東海観賞魚卸売市場で12日、金魚の初市が開かれた。25種、20万匹が競りにかけられたが、長引くコロナ禍で需要が減り、関係者からは「盛り上がりに欠け、静かな初市だった」との声もあった。
 初市には地元や関東、関西から40人の仲買人が参加。独特の符丁の掛け声を飛ばしながら、「かんこ」と呼ばれる木枠に入って流れてくるランチュウ、ワキンなどを...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧