本文へ移動

我が町スイーツ 見つけて 上市町 甘味好き職員がガイド作成

2022年1月13日 05時00分 (1月13日 10時24分更新)
紙製とデジタル版の2種類の「かみいちスイーツガイド」を作った百塚由紀さん(左)と冨樫夕有子さん=上市町役場で

紙製とデジタル版の2種類の「かみいちスイーツガイド」を作った百塚由紀さん(左)と冨樫夕有子さん=上市町役場で

取材重ね、町内14店舗紹介

 上市町職員の女性有志二人が、町内の十四店舗が販売する和洋菓子を紹介する「かみいちスイーツガイド」を作った。紙製とデジタル版の二種類ある。二人は「見た人が行きやすい、問い合わせやすいように作った。町内の甘いものを食べて幸せを感じてほしい」と話す。 (西村理紗)
 制作したのは、甘い物好きな百塚由紀さん(34)と冨樫夕有子(ゆうこ)さん(27)。町内にあった大手菓子販売店の閉店後、菓子やケーキを買う場所がなくなったとの声を聞き、町内にも違う店や新しい事業者がいることを知ってもらおうと企画した。
 二人は元々知っていた店や、知人に紹介された店などを、休日を使って取材。初めて知った店には直接行って実際にお菓子を食べてみたり、会員制交流サイト(SNS)上で取材したりして、ガイドに使う写真や記事を用意した。
 ガイドの編集も自分たちで手掛けた。「お菓子の写真を見ておいしそうと思ってほしい」と写真を大きく配置。店の住所や営業時間などの情報のほか、「甘さ控えめのヘルシーな味わいです」「もっちりふわふわ食感で食べると口の中が幸せになりますよ」などの感想も添えて商品を紹介している。
 完成した紙製のガイドは両面印刷をしてから折り畳むと、持ち運びやすいポケットサイズになるよう工夫した。リバーシブルの冊子で、寒色系の印刷を外側に折ると和菓子、暖色系の印刷を外側に折ると洋菓子の情報が見られる。デジタル版はスマートフォンやパソコンから閲覧でき、掲載希望の店があれば、情報を随時更新していく。
 百塚さんは「ガイドを作っていて、町産や県産など原材料にこだわっているお店が多いことを知った。うちにも小さい子どもがいるが、お子さん連れにも勧められる」と太鼓判。冨樫さんは「店に取材する中でコロナ禍で大変だという声も聞いた。お店の方にも校正などで協力してもらって形になった。いろんな人に上市のスイーツを楽しんでもらいたい」と述べた。
 紙製のガイドは掲載店舗や町観光協会で配布。デジタル版は同協会のサイトから閲覧できる。
◇上市町観光協会のサイトはこちらから=

関連キーワード

おすすめ情報