本文へ移動

【広島】フランスア、2年続けてコロナ感染で出国できず 渡航前のPCR検査で判明 合流の遅れは必至

2022年1月12日 19時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘロニモ・フランスア

ヘロニモ・フランスア

 広島は12日、ドミニカ共和国から再来日する予定だったヘロニモ・フランスア投手(28)とロベルト・コルニエル投手(26)が、渡航前のPCR検査で新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。検査で陰性確認後の来日となる。フランスアは昨年も渡航前に新型コロナ感染が分かり、合流が遅れていた。
 また新外国人のライアン・マクブルーム内野手(29)、右腕のドリュー・アンダーソン投手(27)、左腕のニック・ターリー投手(32)も入国制限のため来日未定と発表。外国人全5選手の来日が未定となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ