本文へ移動

小林晋選手が事故死 多摩川ボートで接触し転覆、直後に後続艇と接触する事故に巻き込まれる

2022年1月12日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林晋選手

小林晋選手

 東京・多摩川ボートで12日に行われた6Rに6号艇で出走した小林晋(しん)選手(東京)が、2周目バックストレッチを航走中に他艇と接触して転覆し、直後に後続艇と接触する事故に巻き込まれた。
 すぐに東京都府中市内の多摩総合医療センターに搬送され、集中治療室(ICU)で治療を行ったが、同日午後3時52分に死亡が確認された。死因は調査中。44歳だった。
 レース中の死亡事故は、2020年2月9日に兵庫・尼崎ボートで事故に遭った松本勝也選手以来で32件目となる。
 小林選手は選手養成85期生として1999年11月に東京・平和島ボートでデビュー。優勝経験はなく優出12回、通算1着343回。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ