本文へ移動

投球の肘の角度はなぜ90度がいい?

2022年1月12日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学硬式のピッチャーです。投げるとき、肘の角度は90度がいいと書いてありました。それよりも上あるいは下の場合はどうなるのですか。 (東京都江戸川区 匿名=中2)
 【答え】ことし最初の白球教室です。たしかに、バックスイングから踏み出した足が着地したときの肘の角度は90度が理想とされています。いわゆるトップで肘がつくるL字形は90度がいいということですが、それ以下でも全く問題はなく、むしろそれぐらいがいいというプロの投手コーチもいます。
 ボクシングを考えてみてください。相手を殴るのに90度よりも小さい角度で近づいた方が強いパンチが出せます。逆に90度以上にすると、アーム式になりパンチは弱くなるでしょう。90度がいいというのは、要するに、トップでは肘を伸ばしてはいけないということなのです。
 いい投球フォームは、肘をできるだけ高い位置にすることになります。肘が高いと、肩関節がスムーズに回転し角度のついた強いボールを投げることができます。角度のあるボールは打者が打ちづらくなります。ピッチング練習では肘の高さを意識してください。肩のラインでL字形を作り、腕振りでは肘が耳の高さくらいを通過するといいでしょう。
 肘は90度かそれ以下を目指してください。角度が90度以上のアーム式はパワーのある外国人に多く見られますが、コントロールがつきにくく、故障もしやすいという欠点があります。打者に早くボールを見せるので、打者側からすると打ちやすいともいわれています。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】 
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ