本文へ移動

中日・福谷の目標は球速3キロアップ「ボールのパワーを求めていきたい」

2022年1月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
低酸素室で、器具を使ってトレーニングする福谷

低酸素室で、器具を使ってトレーニングする福谷

 中日の福谷浩司投手(31)が津市のスポーツ整形外科「みどりクリニック」の理学療法士の指導で、投球フォームの上体と下半身の連動を確認。今季の目標に球速の平均3キロアップを掲げた。
 「昨シーズン、思った通り投げても捉えられていた。ボールのパワーを求めていきたい。他から見て分かりやすいので、球速という言葉を使いました」
 初の開幕投手を務めた昨季は、18試合登板5勝10敗で防御率4・53。8月31日の阪神戦(甲子園)で打球を受け、右足親指を骨折して離脱。先発ローテ完走へ、再チャレンジの一年となる。
 速球派の梅津、高橋宏と過ごす時間も刺激になっている。「気持ちも若返る。3人でいろいろ考えながら、いい先発調整をしていきたい」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ