本文へ移動

【カムカム・ネタバレ注意】市川実日子の『ベリーちゃん』に注目! 恋敵・るいに敵意むき出しも好印象

2022年1月11日 15時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川実日子

市川実日子

 NHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第49話が11日、放送され、市川実日子演じるベリーに好感する声が上がった、「ベリーちゃん」がツイッターで一時トレンド入りした。
 (以下、ネタバレ含みます)
 るい(深津絵里)が行き来するジャズ喫茶で、常連のベリー(市川実日子)が恋のライバルとして敵意をむき出しにするシーンがあった。
 マスターから、控えめな女性のような態度を振る舞ったらと助言されると「そういう女一番キライ」と鼻で笑った。「私は興味ありません。欲しい思てません。そんな顔した女に限って、気ぃ付いたら何もかも手に入れてんねん」と愚痴った。
 そこへ、るいが登場。ベリーは「はい、こんにちは~」と一本調子で無愛想にあいさつ。マスターからの誘いをやんわりと断り続けるるいに対し、「その態度や」「控えめの皮をかぶった強欲な固まりや」とまくしたて、“宣戦布告”してその場を去った。
 ネット上では「ベリーちゃん好きやわー。可愛いし同意するw」「『はい、こんにちは~』の言い方と表情が良すぎてベリー大好き!ってなった」「ベリーちゃん今日もサイコーだったな こんにちはで声出してわろた」「カラッとした宣戦布告が好感度高いしこれはほんまにええ子」など高評価が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ