本文へ移動

濃霧で街が消えた 福井市周辺

2022年1月11日 05時00分 (1月11日 11時20分更新)
快晴の下、霧が立ちこめ雲海のような光景が広がった福井平野。文殊山や日野山が雲に浮かんでいるようだった=10日午前9時54分、福井市の八幡山で(山田陽撮影)

快晴の下、霧が立ちこめ雲海のような光景が広がった福井平野。文殊山や日野山が雲に浮かんでいるようだった=10日午前9時54分、福井市の八幡山で(山田陽撮影)

 福井市と周辺の広い範囲が十日朝、濃霧に包まれた。早朝から午前十時ごろまでの数時間、街が霧の中に沈んだ。
 福井市内の足羽山南側にある八幡山(標高一三一メートル)の展望台では、市街地一面に霧が立ちこめ、雲海のように見える光景が広がった。濃霧は丹南地方や奥越地方などでも観測。嶺北全域に濃霧注意報が出ていた。
 福井地方気象台によると、前日夜までの雨で大気中の水蒸気量が多い中、福井市は朝、氷点下〇・三度まで気温が低下。天気が快晴だったなどの条件がそろったため、濃霧が発生したという。 (尾嶋隆宏)

関連キーワード

おすすめ情報