本文へ移動

【NBA】ウィザーズ新戦力のクーズマ、八村塁の復帰を歓迎「精神面の健康もとても大事。元気になったのはすごくうれしい」

2022年1月10日 15時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マジック戦、ドリブルで攻め込むウィザーズFWクーズマ(AP)

マジック戦、ドリブルで攻め込むウィザーズFWクーズマ(AP)

 ウィザーズのFW八村塁(23)は9日、敵地オーランドでのマジック戦で今季初出場。昨年6月2日以来221日ぶりのNBAのコートで14分間超をプレーし、6得点3リバウンド、1アシストをマークした。
 新戦力のFWカイル・クーズマ(26)は、ともにチームトップの27得点、22リバウンドで、ウィザーズでは2010年アントーン・ジェーミソン以来の「20&20」を達成。チーム公式ツイッターで、八村の復帰を「正直なところ、エクスタシーを感じる」と喜んだ。
 クーズマは「ルイは素晴らしい子だし、一緒にいて話す機会も増え、彼にとってバスケットがどれほど大事かは分かっている。だが、精神面の健康も、とても大事だ。だから、その点でも彼自身が元気になったのは、とにかくすごくうれしい」と思いやり、「ここ数週間はコートの外でもたくさん話して、いいコンビになりつつあるけど、コート上でも(今季残り)42試合でそうならなきゃいけない」と話した。
 また、球宴選出3度のエース、Gブラッドリー・ビール(28)も、八村の復帰を「awesome(最高だ)。きのうはジムでワークアウトしているのを見たけれど、普段通りに戻っていて素晴らしかった。間違いなく、彼にとってもチームにとってもハートウォーミング(心温まること)だ」と歓迎。
 また、「チームにさらなる多面性を与えてくれる。あいつの能力は分かっているし、すごく特別な才能の持ち主。待ち望んでいたし、このタイミングで戻って来てくれて、みんなハッピーだ」と期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ