本文へ移動

【NBA】八村塁の復帰で勝率5割復帰、ウィザーズ新監督も「素晴らしかった。アグレッシブだった」と一安心

2022年1月10日 14時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
八村塁

八村塁

 ウィザーズのFW八村塁(23)は9日、敵地オーランドでのマジック戦で今季初出場。昨年6月2日以来221日ぶりのNBAのコートで14分間超をプレーし、6得点3リバウンド、1アシストをマークした。チームも102―100で競り勝ち、再び勝率を5割(20勝20敗)に戻した。
 チーム公式ツイッターによれば、アンセルド新監督は、八村について「素晴らしかったと思う。出場時間(が長すぎないか)を心配したが、予定通り14、15分間プレーさせられた」と一安心。さらに「アグレッシブだった。ときにわれわれに欠けていたフィジカル面での力を与えてくれると思う。サイズでも、リバウンドでもね。もちろん、これからが楽しみだ。位置取りもディフェンスも良かったし、慣れるまでは(システムも)シンプルにするつもりだ」と、期待と配慮を語った。
 八村自身は、NBA公式サイトによれば、試合後の英語インタビューで「グレートだった。この瞬間を待っていた。少し時間が掛かったけれども、コートに戻って来られて、あの連中と一緒にやれてすごくハッピー。この感触が恋しかった」と、復帰の喜びをかみしめた。
 八村は昨夏の東京五輪に日本代表のエースとして出場。その後は、個人的理由でウィザーズ合流が遅れていた。さらに、当初の復帰予定は12月下旬だったが、新型コロナウイルスの予防規定に抵触したため、年明けにずれ込んでいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ