本文へ移動

やったぞ初勝利、南箕輪でPV 男子バレーボールV1、VC長野トライデンツ

2022年1月9日 05時00分 (1月9日 11時46分更新)
VC長野トライデンツの今季初勝利に沸くファンら=南箕輪村の村民センターで

VC長野トライデンツの今季初勝利に沸くファンら=南箕輪村の村民センターで

 男子バレーボールV1(一部)のVC長野トライデンツ(南箕輪村)は八日、大分三好ヴァイセアドラー(大分県)と、同県のサイクルショップコダマ大洲アリーナで対戦し、3−2で今季初勝利を挙げた。通算成績は一勝十四敗で、順位は最下位。
 第一セットは一進一退の大接戦となり、粘り強さを見せて36−34で先取した。第二、第三セットと連続して落としたものの、第四セットを25−23で取り返すと、第五セットも勢いに乗って15−13と競り勝った。
 地元の南箕輪村ではパブリックビューイング(PV)が開かれ、ファンら五十人が詰め掛けた。声援を送る代わりに張り扇をたたいて応援し、勝利が決まると立ち上がるなどして喜びを爆発させた。
 諏訪市の会社員女性(50)は「ドキドキが止まらない試合だった。大きな一勝。これで弾みがつく」と連勝を期待した。
 VC長野は九日も大分三好と戦う。PVも午後一時の試合開始に合わせて開く。 (中沢稔之)

関連キーワード

おすすめ情報