本文へ移動

舛添要一さん 英国でのオミクロン株ピークアウトを例に憤り「3回目のワクチン接種が遅すぎる」

2022年1月8日 21時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(73)が8日、連続ツイート。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急速な感染拡大に追いつかない日本のワクチン政策に怒りをあらわにした。
 フランスのテレビ局のニュースを引用し「イギリスでは、入院者が減るなどコロナ感染がピークアウト。南アフリカもそうだが、オミクロン株は1カ月くらいで収束する。日本もその通りだと、2月初めにはそうなるはずだが、3回目のワクチン接種が遅すぎる。そのせいで、感染がもっと長引く可能性がある。2回接種後8カ月にまだ固執している愚策だ」と厳しく指摘した舛添さん。
 さらに「イギリスでは12歳以上の60%が3回目のワクチン接種を完了。だからオミクロン株の収束が早い。日本では医療関係者すら未完了。英国でも医療従事者の感染で人手不足。まん延防止等重点措置もよいが、それよりも3回目接種に政府は全精力を集中すべきだ。この点では、菅内閣に比べ岸田内閣はのろすぎる」と強く憤った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ