本文へ移動

【浜中俊コラム】中京10Rのハッシュゴーゴー、ムラッ気あるがコースとの相性はよく巻き返しに期待

2022年1月9日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

 今年の活躍を楽しみにしている一頭が、池江厩舎所属のソウルラッシュ。先月25日のクリスマスC(中山12R)も、1番人気に応えて勝利を飾ってくれました。その前のレースが楽勝で、今回もマイルなら好勝負してくれるとは思っていましたが、やっぱり走りますね。道中の手応えから2着馬(ウインシャーロット)が相手だと判断して、この馬をマークして運び、最後はきっちりとらえてくれました。結果的には半馬身差とそれほど差はつかなかったですが、まだ余裕がありましたし、着差以上の強さ。放牧に出ていて、次走はまだ決まっていないようですが、上のクラスはもちろん、重賞でも十分にチャンスがあると思っています。
 日曜も中京です。3Rのサンレブンワースは新馬戦が7着で、前進を期待した前回が12着。現状では、もう少し力をつける必要がありそうですが、次につながる競馬ができれば。10Rのハッシュゴーゴーは3走前に騎乗した時が惜しい2着でしたが、前走は11着。ムラな面がある馬ですが、中京の芝1400メートルは勝ったこともありますし、コースとの相性はいいので、巻き返しを期待しています。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ