本文へ移動

ミュージカル「リトルプリンス」の主人公を初演から演じてきた土居裕子「ギネス記録では?」

2022年1月8日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
取材会に登壇した(左から)大野幸人、井上芳雄、土居裕子、加藤梨里香、花總まり

取材会に登壇した(左から)大野幸人、井上芳雄、土居裕子、加藤梨里香、花總まり

 女優の土居裕子(63)と加藤梨里香(23)がダブルキャストで主演を務めるミュージカル「リトルプリンス」が8日、東京・日比谷のシアタークリエで初日を迎え、開幕前に公開稽古を終えた出演者が取材に応じた。
 仏の小説「星の王子さま」(原作・アントワーヌ・サン=テグジュペリ)を題材に、音楽座で1993年に初演されている。主人公・王子役を初演から演じてきた土居と若手実力派との呼び声高い加藤がそれぞれ演じる。土居は「初演からおよそ30年ぶり。まさか、もう一回王子をやるなんて夢にも思わなかった」と感慨深そうに笑みを浮かべた。飛行士とキツネの二役を演じる井上芳雄(42)は「土居さんぐらいの(年齢の)方で王子役をされるってギネス記録なんじゃないかなと。千秋楽には認定員の方に来ていただきたい」と笑いを誘った。
 加藤は「稽古すればするほど王子はとんでもない役だなと思ったし、土居さんとのダブルキャストは震えるぐらい。でも、ずっと王子のことを考えてきた裕子さんからもらえるものがたくさんあり、心強かったです」と土居をあこがれのまなざしで見つめると「作品を見終えて、空を見上げていただけたらと思います」と笑顔を見せた。
 土居は「王子はただの男の子じゃない。何十年か前は元気いっぱいに演じたけど、こんなに跳びはねたら最後、気絶しちゃう(笑)。調整をしながら、誰の心の中にもいる“王子”として存在できるようにやりたい」と力をこめた。
 東京公演は同所で31日まで。愛知公演は日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで、2月4~6日。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ