本文へ移動

姉川の氾濫をVRで体感 11日から滋賀大で防災教育研究展示

2022年1月8日 05時00分 (1月8日 15時14分更新)
展示内容を紹介する佐藤教授=彦根市の滋賀大で

展示内容を紹介する佐藤教授=彦根市の滋賀大で

  • 展示内容を紹介する佐藤教授=彦根市の滋賀大で
  • 佐藤教授らが開発したVR型防災教育システムで見られる映像=彦根市の滋賀大で
 VR(仮想現実)を使った防災教育システムの研究開発を紹介する企画展「いまここにいる感覚」が十一日、滋賀大(彦根市馬場)の総合研究棟で始まる。システムは実際にある街並みを再現したVR空間内で、豪雨による浸水状況を眺められるもの。同大データサイエンス学部の佐藤智和教授(画像解析)は「リアリティーを持つことで、防災への危機意識を高めてほしい」と呼び掛ける。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧