本文へ移動

【FC東京】大分退団のエンリケトレビザン獲得へ 川崎シミッチとの交渉は難航…一転破談も

2022年1月8日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンリケトレビザン

エンリケトレビザン

 サッカーJ1のFC東京が、前大分のDFエンリケトレビザン(24)を完全移籍で獲得することが7日、決定的となった。複数の関係者によると、この日大分を退団することが発表された選手サイドにFC東京側が接触。迅速に交渉をまとめ上げ、近日中にも発表されるという。
 U―20ブラジル代表の経験もあるエンリケトレビザンは昨季、ポルトガル1部GDエストリル・プライアから大分に期限付き移籍で加入し、リーグ28試合出場2得点。川崎との天皇杯準決勝では劇的な同点弾を決めてチームを初の決勝に導く立役者となった。左利きで精度の高いキックを備え、危機察知能力にも優れる。加入1年目から最終ラインの要として守備を統率した。
 FC東京は今オフにDF渡辺剛(24)がベルギー1部KVコルトレイクに完全移籍。さらに、DFジョアン・オマリ(33)も契約満了となり、センターバックの補強は急務だった。名古屋から獲得したDF木本恭生(28)に続く実力者の加入で的確な戦力アップに成功した。
 また、川崎のMFジョアン・シミッチ(28)との交渉は難航しているとみられ、一転して破談の可能性も出てきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ