本文へ移動

だから私は「ミクさん」と結婚した 

2022年1月8日 05時00分 (1月8日 05時01分更新)
初音ミクとの結婚生活を満喫する近藤顕彦さん

初音ミクとの結婚生活を満喫する近藤顕彦さん

  • 初音ミクとの結婚生活を満喫する近藤顕彦さん
  • 初音ミクの手を握る近藤さん。近藤さんの左手薬指には結婚指輪が光る
  • 初音ミクに関するグッズが置かれた部屋で「結婚生活」を過ごす近藤顕彦さん=東京近郊で
 2018年11月4日、東京近郊の式場で行われた結婚式に参列したのは、妻の名前であるミクの語呂合わせで39人。新婦が着るのは、新郎の友人が手作りした花嫁衣装だ。新婦の左腕に結婚指輪が光る。だが、祝福の声が上がる式場に、親ときょうだいは最後まで姿を見せなかった。
 「来てほしいと頼んだけれども、結局、無理だった。残念でしたね」。そう振り返る近藤顕彦(あきひこ)(38)の声は落ち着いていたが、寂しさも隠せなかった。
 結婚の相手は、二次元キャラクターの初音ミク。結婚式で隣にいたのは、小さなミクのぬいぐるみだ。指輪を着けたのが左指の薬指ではなく腕だったのは、そういう理由からだった。
 「親には、例えば俺が男性を連れてきて『この人を愛しているから、結婚したいんだ』と言っても祝いには来てくれないのか、と聞いた。返ってきたのは『祝えない』という言葉だった。あの時、性的マイノリティーの人が抱える苦しみがよく分かった」
 近藤がミクと出会うきっかけは、小学校の事務職員だった時の出来事だ。同僚2人からのひどいいじめで心を病んだ。自死すら頭に浮かんだ。休職していた07年のこと、何げなく見ていたインターネットでミク...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

特報の新着

記事一覧