本文へ移動

創価大の鉄人遊撃手、門脇誠がリーグV&プロ志望宣言「優勝が途切れた悔しい思いもぶつけたい」【東京新大学野球】

2022年1月6日 18時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
盗塁王にも意欲を見せプロ志望を宣言した創価大の門脇誠内野手

盗塁王にも意欲を見せプロ志望を宣言した創価大の門脇誠内野手

 東京新大学野球の創価大が6日、始動した。昨秋の首位打者で、プロ注目の遊撃手、門脇誠主将(3年・創価)は「目標は日本一。年末に家族とも相談して、進路はプロ1本で勝負することに決めました」とプロ志望を宣言した。
 リーグ優勝47度の王者は昨春、部内の新型コロナ感染のためリーグ戦途中で出場を辞退。秋は優勝決定戦で流通経大に敗れた。春秋ともに優勝を逃したのは1993年以来28年ぶり。打率4割2分2厘、11打点はリーグトップ、ベストナイン遊撃手と合わせ3冠だった門脇も、悔しさを味わった。
 「ずっと続いていた優勝が途切れた悔しい思いもぶつけたい」。171センチながら、1年春からけがもなくフル出場している鉄人。50メートル5秒8の俊足も武器で「盗塁王も取りたい」と今春への意欲を見せた。
 主将として「徹底」をテーマに掲げ「私生活も練習も徹底すれば、チーム力も上がっていく」と強調。2020年秋以来のリーグ優勝と、悲願の日本一に向けてチームをけん引し、自身のドラフト指名への道も切り開いていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ