本文へ移動

ロンドン五輪平泳ぎ銅メダルの立石諒が現役復帰「『すべてやりきった!』と思えるよう全力で取り組む」

2022年1月6日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
現役復帰する立石諒

現役復帰する立石諒

 2012年のロンドン五輪競泳男子200メートル平泳ぎ銅メダリストで、17年に一線を退いた立石諒(32)が現役復帰することとなった。再生医療関連事業を手掛ける「セルソース」が6日、公式サイトで立石とメディカルサポート契約を締結したことと併せて発表した。立石は銅メダル獲得後、右肘の故障もあって17年の日本選手権を最後に引退した。
 立石は同社を通じて「引退してからの目標であった『東京オリンピックを伝える』という仕事もさせて頂く機会に恵まれ、充実の日々を送ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。しかしながら、日々過ごす中で、現役時代のひりつく空気や、震えるほどの緊張がないことに、どうしても退屈に感じてしまう自分もいました。現役生活後半は怪我や痛みに苦しむときも多く、続けたい気持ちもありながらも、身体の方が競技を続けることが難しい状況になり、早めに引退するという決断に至ったことも心残りではありました」と説明。
 その上でセルソースからサポートの提案を受けて「怪我のサポートをして下さる環境を頂けるのならば、もう一度頑張ってみたいという気持ちに」と心境の変化があったことを明かし、「このご縁を無駄にすることがないよう、トレーニングに励み、『すべてやりきった!』と思えるよう全力で取り組んでいきます」と決意表明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ