本文へ移動

【DeNA】山崎康晃が自主トレ開始 「原点のアウトロー磨き目指す場所に戻れたら」投球を“数値化”で守護神復活へ

2022年1月6日 17時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小雪が降る中、自主トレで軽快に坂道を駆け上がるDeNA山崎=厚木市で

小雪が降る中、自主トレで軽快に坂道を駆け上がるDeNA山崎=厚木市で

 DeNA山崎康晃投手(29)が6日、神奈川県厚木市でリリーフ陣を中心とした合同自主トレをスタートした。今年はチームが得意とする数値化した情報を活用して守護神復活へ取り組む。
 アナリスト、スコアラーの情報を数値化し、直球のブラッシュアップ、さらには投球に役立てる。「球速ももちろんそうですけど、クオリティーの部分もしっかり上げられるように。回転数であったり、浮力ですよね」と山崎は説明した。
 昨年は開幕から三嶋に守護神を譲りセットアッパーとして27ホールド。三嶋が調子を崩し9月に守護神に戻ったが、長続きしなかった。今季の完全復活のために磨くのは、外角低めだ。
 「やっぱりアウトローが原点ですよね。右打者が遠く感じる部分。インステップする投球スタイルなので、原点をしっかり磨いて、もう一度目指す場所に戻れたらいい」
 投球を感覚のみに頼らずデータに照らし合わせて改善する。「29(歳)といっても油ののったいい時期だと思うので、勝負の年として、いい準備をしたい」と粉雪の舞う中、発進した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ