第72回中日文化賞 贈呈式

2019年5月3日 11時54分 (5月27日 05時18分更新)

中日文化賞を受賞し、記念写真に納まる(右から)寺崎浩子さん、馬場駿吉さん、福田敏男さん、日本将棋連盟東海普及連合会の大村和久会長と中山則男事務局長=29日、名古屋市内のホテルで

輝く業績 感謝と抱負 中日文化賞、3氏と1団体に

 第72回中日文化賞の贈呈式が29日、名古屋・名駅の名古屋マリオットアソシアホテルであり、医学や工学、人文芸術の分野で優れた業績を上げた3人と1団体に賞状と正賞の時計、副賞の200万円が贈られた。
 「ロボット工学の先進的研究と応用」で受賞した名城大大学院教授の福田敏男氏(70)=名古屋市昭和区=はスピーチで「名古屋大、中部地区、そして世界中の人のネットワークのおかげでここまできた」と感謝を述べた。「東海地方の将棋文化の振興」で受賞した日本将棋連盟東海普及連合会(同市中区)の中山則男事務局長(59)は「名古屋に将棋会館をつくる目標に向け、今後も子どもたちへの普及に努めたい」と抱負を語った。
 同賞は日本国憲法の施行を記念し1947(昭和22)年に本社が制定。今回を含め、364人と10団体に贈っている。

第72回中日文化賞受賞者

第72回中日文化賞の受賞者が下記の3氏、1団体に決まりました。(敬称略)
・難治性眼疾患の克服への挑戦 名古屋大大学院教授:寺崎浩子
・長年の芸術評論活動 元名古屋ボストン美術館館長:馬場駿吉
・ロボット工学の先進的研究と応用 名城大大学院教授:福田敏男
・東海地方の将棋文化の振興:日本将棋連盟東海普及連合会

関連キーワード

PR情報