本文へ移動

【大学野球】郷ひろみから刺激!早大・蛭間 昨秋の屈辱を胸に始動 サトテル越えまであと本塁打5本

2022年1月5日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三冠王&ドラフト1位を目標に掲げた早大の蛭間拓哉外野手

三冠王&ドラフト1位を目標に掲げた早大の蛭間拓哉外野手

 東京六大学野球の早大は5日、今年最初の練習を行い、今秋ドラフト上位候補の蛭間拓哉外野手(3年・浦和学院)は「けがなくドラフト1位で行きたい。順位は結果次第。やるべきことをやってプロに行けたらいい」と改めて誓った。
 フリー打撃などでたっぷり5時間、体を動かした主砲の今春リーグ戦目標は打率4割、5本塁打。ここまで大学通算10本塁打で「佐藤輝明さん(阪神)を超えたい」と近大時代の佐藤の14本超えにも照準を合わせた。
 優勝が懸かった昨秋の慶大戦は勝負どころで三振した。その悔しさを胸に「勝負どころで結果を出さないと意味がない」と強調。大みそかの紅白歌合戦のトップバッターの郷ひろみ(66)からも刺激を受け「60歳を過ぎて、あれだけ活躍できるのはすごい。自分も長く活躍できるようにしたい」とも話した。
 圧倒的に強い早稲田を目指して「鬼になる」と宣言した小宮山悟監督(56)が「けがさえなければドラフト1位」と太鼓判を押すスラッガーが期待に応えれば、2020年秋以来の優勝に大きく近づく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ