本文へ移動

愛知県、無料PCR開始 薬局など172の登録検査所

2022年1月5日 05時00分 (1月5日 05時01分更新)
 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染拡大が懸念される中、愛知県は、県内の薬局百六十一カ所と医療機関十一カ所の計百七十二カ所を「登録検査所」として登録し、四日から無料のPCR検査や抗原定性検査を始めた。対象は県内在住者で、感染不安を感じる無症状の人。期間は一月末まで。
PCR検査や抗原検査の無料化事業で、検査実施事業者などを検索する専用ページはこちらから
 登録したのは、スギ薬局百一店舗とウエルシア薬局五十八店舗など。県は、協力してくれる事業所を募っており、県内各地域で登録検査所を増やす。登録検査所は県の専用ウェブページで随時、更新して公表する。
 検査を受ける際には、住所や年齢が確認できる運転免許証やマイナンバーカード、学生証などの身分証明書を持参する。検査事業者の立ち会いの下で原則、受検者本人が唾液や鼻腔(びこう)ぬぐい液の検体を採取する。抗原検査では当日に検査結果通知書が発行され、PCR検査は翌日以降の通知となる。結果が陽性の場合は「陽性の疑い」となり、医療機関を受診する。
 健康上の理由でワクチン接種を受けられない人や十二歳未満の子どもは、県内在住かどうかは関係なく、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報