本文へ移動

「今日もとても元気にしています」三原舞依がしっとりと華麗な演技を披露【フィギュア】

2022年1月4日 22時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
演技する三原舞依

演技する三原舞依

◇4日 名古屋フィギュアスケートフェスティバル(名古屋市・日本ガイシアリーナ)
 女子で、昨年12月の全日本選手権で4位となり今月に行われる四大陸選手権(エストニア・タリン)の代表に選ばれた三原舞依(22)=シスメックス=が2年連続出演。今季のエキシビション曲「Never Enough」を披露した。
 この日は白と青をベースにした衣装で登場した三原は「今日もとても元気にしています」と場内アナウンスで自己紹介。「みなさまの前でスケートを滑ることができ毎日を元気で過ごすことができ、本当にうれしくて幸せいっぱいです」とファンの声援に感謝すると、しっとりとしたバラードの曲調に合わせて3回転ジャンプや華麗なスピンを見せた。
 さらに、会場に詰めかけたファンのスタンディングオベーションに応えたアンコールでは今季のショートプログラム(SP)曲「I Dreamd A Dream」の一部を披露。演技を終えると笑顔を見せて、ファンの拍手に応えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ