本文へ移動

<ワンプラネット 深まる気候危機> 砂漠に湖、歓迎できず 中国・敦煌

2022年1月4日 05時00分 (1月4日 05時01分更新)
砂漠に出現した哈拉諾爾湖。祁連山脈の氷河が解けて半世紀ぶりに水が満ちた

砂漠に出現した哈拉諾爾湖。祁連山脈の氷河が解けて半世紀ぶりに水が満ちた

  • 砂漠に出現した哈拉諾爾湖。祁連山脈の氷河が解けて半世紀ぶりに水が満ちた
 シルクロードの交易都市として栄えた中国北西部、甘粛省敦煌(とんこう)市。昨年十二月上旬、街から北へ五十キロメートルほど車を走らせると、砂漠の中に白く凍りついた湖が現れた。湖岸には水草が茂り、水鳥のさえずりが聞こえる。
 湖は数年前に突如出現し、地元の住民を驚かせた。年々水量が増え、今や面積は二十四平方キロメートルに及ぶ。「敦煌には水辺がなかったから、最近は遠出して湖を眺める市民も増えている」と、地元ガイドの孔燕芬(こうえんふん)(33)は笑う。
 湖は「哈拉諾爾(はらだくじ)湖」と呼ばれる。一九五〇年代に気候乾燥や、人口増による灌漑(かんがい)用水の使用増加で河川の流れが途絶え、完全に干上がった。半世紀ぶりに水が戻ったのは、敦煌の南方にそびえる祁連(きれん)山脈の氷河が急速に解け、河川の流量が増えたためだ。
 祁連山脈は「世界の屋根」と呼ばれるチベット高原の北端に位置し、東西二千キロメートルにわたって標高六千メートル級の山々が連なる。氷河は敦煌や酒泉(しゅせん)など甘粛省の砂漠地帯に点在するオアシス都市を潤している。
 だが、氷河の減少が今、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報