本文へ移動

【箱根駅伝】ビンセント対決がトレンド入り 国士舘大のライモイに軍配「いい勝負だった」「おもろい」ネット沸く

2022年1月2日 11時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左)3区の丹所健にタスキを渡す東京国際大のイエゴン・ビンセント(右)3区の萩原陸斗にタスキを渡す国士館大・ライモイ・ビンセント

(左)3区の丹所健にタスキを渡す東京国際大のイエゴン・ビンセント(右)3区の萩原陸斗にタスキを渡す国士館大・ライモイ・ビンセント

◇2日 第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町―箱根・芦ノ湖、5区間107・5キロ)
 花の2区(23・1キロ)で、東京国際大のイエゴン・ビンセント(3年)と国士舘大のライモイ・ビンセント(4年)が火花を散らした。
 昨年も同じ2区で走っており、2年連続2度目。イエゴンが先頭と1分10秒差の7位、ライモイが同1分24秒差の10位でスタート。この“ビンセント対決”にツイッターでは関連ワードがトレンド入りした。「ビンセント対決はビンセントの勝利か」「ビンセント対決おもろい」「ビンセント対決はライモイにありか。いい勝負だった」
 区間記録ではライモイが1時間6分42秒の区間3位で順位を7つ上げた。イェゴンは1時間7分3秒の区間6位で総合4位でタスキリレー。ビンセント対決はライモイに軍配が上がった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ