本文へ移動

【箱根駅伝】田沢廉、花の2区での駒大区間賞は1986年の大八木弘明現監督以来「勉強不足で知らなかったです」

2022年1月2日 10時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップで2区を走りきる駒大の田沢廉

トップで2区を走りきる駒大の田沢廉

◇2日 第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町ー箱根・芦ノ湖、5区間107・5キロ)
 駒大のエース田沢廉(3年・青森山田)が歴代4位となる1時間6分13秒で区間賞を獲得した。各校のエースが集う花の2区(23・1キロ)で駒大が区間賞を獲得したのは1986年、3年生だった大八木弘明(現監督)以来。
 NHKラジオのインタビューでそれを問われた田沢は「(監督から)2区で取ったんだぞと聞いていました。でも、それ以来というのは勉強不足で知らなかったです」と話した。
 2004年に就任した大八木監督は会津工を卒業後、社会人を経て24歳で駒大に入学。1年で5区で区間賞を獲得、4年の時は当時あった年齢制限のため出場できなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ