本文へ移動

2区区間賞の駒大エース田沢「去年はいっぱいいっぱい…1年間で強くなった」【箱根駅伝】

2022年1月2日 10時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップで2区を走りきる駒大の田沢廉

トップで2区を走りきる駒大の田沢廉

◇2日 第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町―箱根・芦ノ湖、5区間107・5キロ)
 各校のエースが集った花の2区(23・1キロ)は、駒大のエース田沢廉(3年・青森山田)が歴代4位の1時間6分13秒で区間賞を獲得。40秒差を逆転して先頭を奪うとともに、2位・青学大に1分3秒の差をつけるなどエースの役割を果たした。
 「去年も2区を走らせてもらって、去年はいっぱいいっぱいの走りだった。ラスト1キロはきつかったが、1年間で強くなった。留学生だけでなく日本人もトップクラスの選手が多い中で区間賞を取りたかったので、取れて良かった」
 前回大会で区間記録(1時間5分49秒)をマークした東京国際大のイエゴン・ビンセント(3年)は1時間7分3秒で区間6位と伸びなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ