本文へ移動

笑点「大喜利」新メンバーの桂宮治は「その場の空気をつくるのがうまい」レギュラー陣も納得の人選

2022年1月1日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新たな大喜利メンバーに選ばれた桂宮治

新たな大喜利メンバーに選ばれた桂宮治

 日本テレビは1日、人気演芸番組「笑点」(日曜午後5時30分)の大喜利コーナーに出演する新メンバーが落語家の桂宮治(45)に決定したと発表した。同日放送された新春特番「お正月だよ!笑点大喜利まつり」の中で明かした。初登場は23日の放送回からとなる。
 2008年にサラリーマンを捨てて桂伸治門下生となり、昨年2月に真打ち抜てきを果たした伸び盛りの“本命”が新たな大喜利メンバーに選ばれた。林家木久扇(84)も「その場の空気をつくるのがうまい」と話すなどレギュラー陣からも称賛の声が相次いだ。
 宮治は番組の最後、春風亭昇太(62)の横でベールをかぶった看板写真で登場。経歴紹介に続いてようやく自宅からリモート出演した宮治は「何で呼んでくれないんですか?」と疑問を投げかけ、昇太は落語ファンの間では有名な若手だが一般の知名度がないことを指摘。今後日テレの各番組に出演して知名度を上げるプランを説明して「ミッションをクリアしたらここに来てもらう」と話した。
 特番の冒頭は大喜利の司会を務めた女優の綾瀬はるか(36)による書き初め「笑」でスタート。昇太は口上で新メンバー発表と共に「大きな転換期を迎える」と変化を強調、大喜利メンバーの席替えも示唆した。年男の三遊亭円楽(71)は「今年は大きく羽ばたく」と意気込んだ。
 大喜利メンバーをめぐっては約5年半出演した林家三平(51)が昨年12月26日の放送を最後に降板。同局は新春特番で新メンバー発表を予告。メディアやネット上でさまざまな名前が候補に上がり、発表直前まで予想合戦が盛り上がっていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ