本文へ移動

ボート・山下夏鈴の目標は初優出とA2級昇格 夫婦二人三脚で着実に階段上る【2022年期待の若手紹介】

2022年1月1日 15時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山下夏鈴

山下夏鈴

 新年を迎える前に“朗報”が舞い込んだ。20日に発表されたボートレース界の2022スター候補選手。山下夏鈴は津のフレッシュルーキーとして、夫の宇留田翔平とともに選出された。「すごくうれしい。でも今まで選ばれた津の先輩方はすごい選手ばかり…。本当に頑張らないとって思います」と喜ぶと同時に気持ちを引き締めた。
 着実に成長は遂げている。17年11月にデビュー。初勝利まで約4カ月かかったが、20年後期には勝率が3点台にアップ。1月から適用される21年後期の勝率は4・98。85走して1着本数が19本と、自己最多9本から一気に倍増させた。「いい環境でやらせてもらってるからです。三重支部の先輩のおかげで楽しく、刺激をもらいながらやっています」と周囲に感謝する。特に影響を受けているのは高田ひかる。伸び重視の調整でブレーク中の高田から調整だけでなく、メンタル面の助言ももらい、勝ち切るシーンが多くなっている。
 昨年最もインパクトを残したレースは11月の若松ヴィーナスS準優。6号艇だった山下は大外から果敢に攻めて一旦はバックで先頭に躍り出た。2Mで西村に並ばれ、道中で平山に抜かれてデビュー初優出は逃したが、大いにスタンドを沸かせた。「自分が一番驚いて焦ってしまった。優出したいと思ってたけど、その準備が足りてなかった。でもいい経験ができたし、それを今後に生かしていきたい」。新年の目標は初優出とA2級昇格。夫婦二人三脚で着実に階段を上っていく

 ▼山下夏鈴(やました・かりん)1997(平成9)年7月22日生まれの24歳。三重県伊賀市出身。159センチ、47キロ。血液型A。選手養成121期。名張高時代は新体操でインターハイに出場、国体cでもメンバー入りした実績を持つ。ボートレーサーとしては17年11月に津でデビューし、翌3月の徳山で初勝利。20年12月に同じ三重支部で同期の宇留田翔平と結婚した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ