本文へ移動

2種目で北京五輪へ…小平奈緒が心境明かす「多くの人に今の私の生き様を示せたらいいかなと思っています」【スピードスケート】

2021年12月31日 20時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で笑顔を見せる北京五輪日本代表に選ばれた小平奈緒

会見で笑顔を見せる北京五輪日本代表に選ばれた小平奈緒

 日本スケート連盟は31日、長野市のエムウェーブで行った北京五輪代表選考会の終了後、同大会の日本代表を発表。女子は2018年平昌五輪に続く500メートル優勝を目指す小平奈緒(35)=相沢病院=と、1992年アルベールビル大会での橋本聖子以来となる短中長距離オールラウンドでの代表となる女子の高木美帆(27)=日体大職員=ら8人、男子はメダル獲得が期待される新浜立也(25)=高崎健康福祉大職員=ら7人が選ばれた。
 五輪連覇を狙う500メートルなど2種目で代表に選ばれた小平は「多くの人に今の私の生き様を示せたらいいかなと思っています」と心境を語った。この日3位だった1500メートルでの代表入りは逃したが「純粋にスケートを楽しめることの幸せをかみしめながら迎えられる」と北京五輪への気持ちは高まっている様子。調子も上向きになっていることから「人生最高の滑りが発揮できると信じているので、このまま駆け抜けていきたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ