本文へ移動

【ボクシング】井岡一翔が3ー0判定勝ちで4度目防衛 高いディフェンス技術で大みそか決戦制す

2021年12月31日 20時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
判定で福永亮次を破り、4度目の防衛に成功した井岡一翔

判定で福永亮次を破り、4度目の防衛に成功した井岡一翔

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトル戦が31日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・井岡一翔(32)=志成=が同級6位・福永亮次(35)=角海老宝石=に3―0で判定勝ちし、同級4度目の防衛を果たした。
 日本唯一の世界4階級制覇王者の井岡は、ここまで15勝のうち14勝がKO勝ちという福永の強打に押される場面もあったが高いディフェンス技術と的確なボディー、右ストレートで主導権を握り続けての勝利だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ