本文へ移動

国学院栃木WTB伊藤大暉が大爆発4トライ!Cチームから夏以降急成長「1本目で自信に」【全国高校ラグビー】

2021年12月30日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山聖陵戦の後半19分、この試合4つめのトライをあげる国栃WTB伊藤大暉

松山聖陵戦の後半19分、この試合4つめのトライをあげる国栃WTB伊藤大暉

◇30日 全国高校ラグビー2回戦 国学院栃木64―3松山聖陵(花園ラグビー場)
 国学院栃木はWTB伊藤大暉(3年)が4トライの荒稼ぎ。「夏まではBやCチームにいた選手で地味だけど、どんな仕事も真面目にやるタイプ」という吉岡肇監督の期待に応える大爆発だ。伊藤は「最初は緊張していたが、1本目のトライで自信がついた」。4本目は狭いスペースでも強気に勝負して相手WTBを抜き去った。
 そこへパスを送り続けたSO伊藤龍之介(2年)は「足の速い選手の良さを引き出せた」とこちらも納得顔。兄はOBで明大のSO伊藤耕太郎。「早明戦で負けても3週間で修正して大学選手権でいいゲームをしたのはさすが。自分たちも見習いたい」と、3回戦の流通経大柏戦を見据えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ