本文へ移動

マカロニえんぴつが最優秀新人賞「親孝行ができた」 ビッグボス新庄監督から国歌斉唱のラブコールも【レコード大賞】

2021年12月30日 19時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞の喜びを語る、はっとりらマカロニえんぴつのメンバー

受賞の喜びを語る、はっとりらマカロニえんぴつのメンバー

  • 受賞の喜びを語る、はっとりらマカロニえんぴつのメンバー
  • 最優秀新人賞を発表した新庄監督
 「第63回日本レコード大賞」の最終選考会が30日、東京都内で行われ、最優秀新人賞には4人組ロックバンド「マカロニえんぴつ」が選ばれた。
 ど派手なピンクのコートで決めたゲスト出演のプロ野球日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が壇上で「最優秀新人賞は…マカロニえんぴつ」と発表、会場がどっと沸いた。
 バンドを立ち上げた、ボーカルのはっとりは「え~取れると思っていました」と笑顔で第一声。「最近はロックバンドがチャートでも寂しいので活躍を見せられてうれしい。父ちゃん、母ちゃん、ありがとう!」と家族に呼び掛けた。
 キーボードの長谷川大喜は「親孝行ができたなと、ほっとしています」。ギターの田辺由明は「ほんと取れると思ってなかった」。ベースの高野賢也は「歴史ある賞を頂いて、これから気が引き締まる思いです」とそれぞれ喜びを語った。
 4人は壇上で11月にリリースした「なんでもないよ、」をパフォーマンスしたが、MVはすでに821万回を超える視聴数で、新庄監督は最後に「超満員の(札幌ドーム)スタジアムで国歌斉唱とか歌ってほしい」と、4人にラブコールしていた。
 ▼マカロニえんぴつ はっとり(ボーカル・ギター)、田辺由明(ギター)、高野賢也(ベース)、長谷川大喜(キーボード)の4人組ロックバンド。昨年11月にメジャーデビュー。愛称は「マカえん」。2012年に川崎市の洗足学園音楽大学内で結成。大学近くのJR武蔵溝ノ口駅周辺の路上や横浜、東京のライブハウスを中心にライブ活動をしてきた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ