本文へ移動

紅白司会の大泉洋、“時間無視”のアドリブトーク予告!?「なぜ年を越しちゃいけないか分からない」【紅白リハ】

2021年12月30日 18時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
司会を務める(左から)和久田麻由子アナウンサー、大泉洋、川口春奈

司会を務める(左から)和久田麻由子アナウンサー、大泉洋、川口春奈

 おおみそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(午後7時30分)の3日目のリハーサルが30日、今年のメイン会場である東京・丸の内の東京国際フォーラムなどで始まった。出場歌手が音合わせを行い、報道陣の取材に抱負などを語った。
 今回、初めて紅白や総合と分けずに3人で司会を務める大泉洋(48)、女優川口春奈(26)、NHKの和久田麻由子アナウンサー(33)が会見した。
 昨年に続き2年目の大泉は「楽しい紅白になる」と出場者のパフォーマンスと演出に太鼓判を押した。自身のアドリブトークの長さを問われて「時間にはとらわれるのはやぼですよ。なぜ(紅白が)年を越しちゃいけないか分からない」と大胆発言。和久田アナが「午後11時45分までです」とくぎを刺した。
 川口は大泉について「横にいると安心感があります」と持ち上げたが、大泉は「でも、春奈ちゃんは(番組の)時間を気にしなきゃいけない人だからもう少し緊張感を持った方がいい」と諭して?笑いを誘った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ