本文へ移動

静岡聖光学院、シード校の勢い止められず完敗「デカイ相手というのは分かっていたが…」【全国高校ラグビー】

2021年12月30日 17時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐賀工に敗れ、引き揚げる静岡聖光学院フィフティーン

佐賀工に敗れ、引き揚げる静岡聖光学院フィフティーン

◇30日 全国高校ラグビー大会2回戦(大阪・花園ラグビー場)
 静岡聖光学院は体格で勝る佐賀工に7―50の完敗。スタンドオフの丸尾主将は「デカイ相手というのは分かっていた。前にしっかりプレッシャーをかけること、上に行くのではなく足元を狙って止めるということを意識していたけど、その接点の部分でミスが出た」と反省した。
 シード校のパワーを止められなかったが、1、2年生が途中出場を含めて11人グラウンドに立った。丸尾は「後輩たちにシード校の強さを味わってもらえた。来年はシード撃破を達成してもらいたい」と思いを託した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ