本文へ移動

郷ひろみ、紅白はゴン攻めならぬ”GO”攻め!白組トップで「勝ちに導けるようなパフォーマンスを」

2021年12月29日 19時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第72回NHK紅白歌合戦リハーサルに登場した郷ひろみ(代表撮影)

第72回NHK紅白歌合戦リハーサルに登場した郷ひろみ(代表撮影)

 大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(午後7時半~午後11時45分)の2日目のリハーサルが29日、今年のメイン会場の東京・丸の内の東京国際フォーラムと、渋谷のNHK放送センターで始まった。
     ◇
 白組のトップバッターを務める歌手の郷ひろみ(66)が、豪華な号砲を鳴らす。白組トップバッターは通算7度目で「最初に出た時の気持ちを忘れずに務めたい。白組を勝ちに導けるようなパフォーマンスをしたい」と意気込みを語った。
 この日の写真撮影でも、「これが欲しいんでしょ?」とジャケットプレーで盛り上げた。今年の白組では最多となる34回目の出場だが、ゴン攻めならぬ“GO”攻めを敢行する。「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン」を先陣の曲として選んだ。
 「セットがカラフル。それに合ったものを身につけている。派手で華やかですよ。全国で楽しみにしている方含めて全員を巻き込んでの最高のパフォーマンスをしたい」
 今年はサブスクリプションで555曲を解禁、一発撮りパフォーマンスに特化したユーチューブチャンネル「THE FIRST TAKE」にも挑んだ。「挑戦した1年だった」。“GO”攻めの2021年を白組のトップバッターとして締めくくる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ