本文へ移動

乃木坂46齋藤飛鳥「うちの生田はすごいんだぞ」 生田絵梨花ラストステージの紅白へ意欲満々

2021年12月29日 14時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
紅白歌合戦リハーサルに登場した乃木坂46の(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月(代表撮影)

紅白歌合戦リハーサルに登場した乃木坂46の(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月(代表撮影)

 おおみそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(午後7時半~午後11時45分)の2日目のリハーサルが29日、今年のメイン会場の東京・丸の内の東京国際フォーラムと、渋谷のNHK放送センターで始まった。
 7年連続7回目の紅白に出場する「乃木坂46」は、31日にグループを卒業する生田絵梨花(24)のピアノ伴奏で「きっかけ」を披露。紅白がラストステージになる生田は「いつも歌って踊ってパフォーマンスしているのと違って、(ピアノ伴奏は)周りの景色を客観的に見られる」とし、「グループにいる最後を実感しながら、ここから巣立っていくのを感じながら、大切に歌えたらと思ってます」と感慨深げに語った。
 取材には生田、秋元真夏(28)、齋藤飛鳥(23)、山下美月(22)、遠藤さくら(20)が出席。生田に向け、秋元は「いくちゃんとはたくさん思い出があって、さみしい気持ちもたくさんありますが」と前置きしつつ「いろんなしがらみを気にせず楽しめるステージにして盛り上げたい思いが強い」と誓った。
 また齋藤は「うちの生田はすごいんだぞ、というのを見せつけていければ」と意欲満々。山下は「最後のステージに一緒に立たせていただけてすごくうれしい。生田さんの背中を見て学べるステージにしたい」と話し、遠藤は「生田さんにとってすてきな最後のステージになるよう、私も努めたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ