本文へ移動

四日市市の公立4幼稚園、23年度末で休園 基準15人下回る

2021年12月29日 05時00分 (12月29日 12時10分更新)
2023年度末で休園となる三重西幼稚園=四日市市三重3で

2023年度末で休園となる三重西幼稚園=四日市市三重3で

 四日市市は、二〇二二年度の総園児数が十五人を下回ることになった桜、三重西、富田、川島の各公立幼稚園を、二三年度末で休園し、廃園手続きへ入る方針を決めた。今後、四地区内の保育園のこども園化を進め、就学前教育や保育の場を確保していく。(片山さゆみ)
 少子化や共働き世帯の増加による保育ニーズの増大に加え、一九年十月からの幼保無償化の流れもあり、公立幼稚園の需要が全国的にも低下傾向にある。市内の公立幼稚園の園児数は、一五年度で約千人だったが、二一年度は三百六十九人まで減少している。
 市は、今後の公立幼稚園の在り方を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報