本文へ移動

【NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」明日は】頼朝をかばう父。義時は目まぐるしい展開に翻弄される

2022年1月15日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
頼朝にぞっこんの様子の政子(小池栄子、写真右)に不安を覚える義時(小栗旬)=NHK提供

頼朝にぞっこんの様子の政子(小池栄子、写真右)に不安を覚える義時(小栗旬)=NHK提供

〈1月16日(日)第2回 NHK総合 午後8時ほか〉
 罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝をかばって対立。
 両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。
 一方、目まぐるしく展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ