本文へ移動

逆転勝ち日川の飯沼暖「兄のタックル見て『自分もやらなきゃ』という気持ち強く」【全国高校ラグビー】

2021年12月28日 23時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半10分、日川SH飯沼がトライを決める

後半10分、日川SH飯沼がトライを決める

  • 後半10分、日川SH飯沼がトライを決める
  • 明大主将を兄に持つ飯沼
  • 日川の初戦突破に貢献したSH飯沼暖。明大主将の兄・蓮に続き年越しを目指す
◇28日 第101回全国高校ラグビー第2日(大阪・花園ラグビー場)
 1回戦11試合が行われ、日川(山梨)が関商工(岐阜)を47―29破って2回戦へ進んだ。
 「兄のタックルを見て『自分もやらなきゃ』という気持ちが強くなりました。勝てて良かった」
 関商工に47―29で逆転勝ちした日川のSH飯沼暖(2年)は胸を張った。日川は序盤は12点を先行されたが、飯沼の素早いパスでリズムを作り、ハーフタイムを挟んで6連続トライで鮮やかな逆転勝ち。飯沼自身も後半10分にトライをあげた。
 兄は明大主将のSH飯沼蓮。26日の早大との大学選手権準々決勝では相手トライをゴール前で防ぐタックルを決めた。自分も負けていられない。
 「去年は苦手だったパスを1年間ずっと個人練習してきて、他のプレーにも自信がつきました」
 兄とは5歳違い。一緒にプレーしたことはなく、褒められたこともほとんどないが「今年の花園予選に勝ったあとは珍しく褒めてくれて、うれしかった」という。
 兄に加え、父・健さんは筑波大―NECで、母・順子さんも女子日本代表で活躍。全員がSHだ。兄の明大は大学4強入りで年越しが決まった。次は弟の番。兄も果たせなかった花園での年越しをかけ、2回戦はシード校・長崎北陽台(長崎)に挑む。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ