本文へ移動

目黒学院が山形中央に大勝 2回戦へ「フィジカル鍛え上げてきた成果を」【全国高校ラグビー】

2021年12月28日 20時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トライを決める目黒学院SH林

トライを決める目黒学院SH林

◇28日 第101回全国高校ラグビー第2日(大阪・花園ラグビー場)
 1回戦11試合が行われ、目黒学院(東京第2)が山形中央を40―3で破った。
 目黒学院は山形中央の小気味いい攻守に手をやき、前半20分まで7―3の接戦。しかし「山形予選決勝の映像を見て、良いチームと分かっていたので焦りはなかった」とCTB新沢迅太主将(3年)。21分、30分とSH林星安(3年)が連続トライをあげ、後半も3トライを加え、40―3で危なげなく勝利した。
 2回戦は飯田(長野)が相手。昨季は2回戦で大分東明(大分)に敗れている。2トライの林は「去年はフィジカルで歯が立たなかった。今年はチームみんなでフィジカルを鍛え上げてきたのでその成果を出したい」と自信をみせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ