本文へ移動

ヤクルト村上宗隆 新球場建設を直談判「球場完成まで現役を続けられるよう頑張る」

2021年12月28日 17時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「くまモン」からサプライズでプレゼントされた特製金メダルを手に笑顔を浮かべるヤクルト・村上

「くまモン」からサプライズでプレゼントされた特製金メダルを手に笑顔を浮かべるヤクルト・村上

ヤクルト・村上宗隆内野手(21)が28日、出身地・熊本県の蒲島郁夫知事(74)に新球場建設を直談判した。熊本県庁で行われた「くまもと夢づくり賞」贈呈式の席上で壮大なプロジェクトの立ち上げを訴えた。
 「(県営のリブワーク)藤崎台球場が古くなっている。これからを担う野球選手たちに、いい環境をつくっていただけないかと思っています。球場が完成するまで現役を続けられるように頑張ります」
 2016年の熊本地震で被災した熊本城の復旧支援を続けている村上は「熊本のためになんとかしたいという思いも強い。熊本に帰ってきて野球がしたい」とも。プロ入り後の4年間、地元での試合経験がないだけに「新球場をつくることによってプロ野球チームも来やすくなる。熊本が活気づく」と地元愛をにじませた。
 贈呈式後には親善大使を務める熊本市役所を訪問。「熊本市スポーツ特別功労者表彰」に出席した。今夏の東京五輪では侍ジャパンの金メダル獲得に貢献し、自身初の本塁打王にもなって故郷に凱旋(がいせん)。そんな若きスラッガーは熊本県のPRマスコット「くまモン」と熊本市のイメージキャラクター「ひごまる」から熱烈な歓迎を受けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ