本文へ移動

『国籍や学歴に偽り』 精子取引トラブル訴訟にひろゆきさん私見 「子供をブランド品のように選別する考えは…」

2021年12月28日 14時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろゆきさん

ひろゆきさん

 2ちゃんねる開設者で実業家の「ひろゆき」こと西村博之さんが28日、自身のツイッターを更新。精子取引でトラブルとなった訴訟に関して、子供をブランド品のようにとらえていると疑問の声を上げた。
 東京新聞ウェブサイト上のニュースを引用して投稿した。SNSで知り合った男性から精子提供を受けたが、男性が国籍や学歴などの素性を偽っていたとして、相手の女性が訴訟を起こしたもの。
 「男性が京大では無く、別の国立大卒で、既婚者だったことが良くないらしいです」と内容について触れ、「精子提供なら既婚者かどうかは関係ないし、子育てをせずに児童福祉施設に入れちゃってるし、子供をブランド品のように選別する考えは如何かな」と女性側の考え方と行動に疑問を投げかけた。
 さらに「あと、遺伝情報に国籍は無いです」と、女性側が日本人だと思っていた男性が中国籍だったと訴えた点にも言及した。
 ネット上では「この件、なんかただの昼ドラ泥沼劇みたい」「子供が1番可哀想で仕方ない」「それはそれとして嘘はいくない」「国籍はないけど、人種はあるだろう」「学歴フィルターや」などのコメントが届いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ