本文へ移動

スマートスピーカーで高齢者見守り 1月に大鹿村でサービス導入

2021年12月28日 05時00分 (12月28日 15時37分更新)
スマートスピーカーを通じてビデオ通話を実演する熊谷村長(左)=大鹿村で

スマートスピーカーを通じてビデオ通話を実演する熊谷村長(左)=大鹿村で

 大鹿村は来年一月、日本郵便が提供する地方自治体向けの高齢者見守りサービスを導入する。ビデオ通話などができるスマートスピーカーを活用し、利用者、家族、村役場をつなぐ仕組みで、村と日本郵便が二十七日、契約を締結した。同村は高齢化率が46・8%と高く、関係者は高齢者の孤立化防止や安心につながるよう期待する。日本郵便によると、自治体と同サービスの契約を結ぶのは初めて。
 利用者はスマートスピーカーを自宅に置き、薬の服用や食事の摂取などを...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧