本文へ移動

4年ぶり返り咲き海野ゆかり 2連対率2位の21号機引き当てる【福岡ボート・クイーンズクライマックス】

2021年12月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
海野ゆかり

海野ゆかり

 福岡ボートのプレミアムG1「第10回クイーンズクライマックス」は28日、大みそかの大一番を目指し、トライアル1回戦が11、12Rで行われる。11Rは大会初の連覇を目指す平高奈菜が絶好枠から白星発進を目指す。注目14号機を引き当てた守屋美穂が逆転候補。地元・小野生奈、当地3Vの実績を持つ平山智加も軽視禁物だ。12Rは夏の女王で選出順位1位の遠藤エミがインから持ち前のS力を発揮。行き足光る田口節子が巧差しで迫る。積極果敢な渡辺優美、細川裕子もテクニックもコーナー戦で見せる。
   ◇   ◇
 海野ゆかりは今年9回の優出を重ねて、17年の第6回大村大会以来、4年ぶりにクイーズクライマックスの舞台に返り咲いた。「目立つところ(優勝)はなかったけど、Fを切らずに地道にやってきたことが良かった。久しぶりに出場できてうれしい」と目を細めた。引き当てた21号機は2連対率2位の好エンジン。「福岡は最近あんまりいいエンジンを引かないのでしっくりきていないことが多いが、今大会はいいエンジンしかないので楽しみ」。持ち前の調整力を存分に発揮し、トップ6入りをもくろむ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ