本文へ移動

遠藤エミ、トライアル1回戦は抽選で40号機「いいエンジンの押す感じ」【福岡ボート・クイーンズクライマックス】

2021年12月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
遠藤エミ

遠藤エミ

 福岡ボートのプレミアムG1「第10回クイーンズクライマックス」は28日、大みそかの大一番を目指し、トライアル1回戦が11、12Rで行われる。11Rは大会初の連覇を目指す平高奈菜が絶好枠から白星発進を目指す。注目14号機を引き当てた守屋美穂が逆転候補。地元・小野生奈、当地3Vの実績を持つ平山智加も軽視禁物だ。12Rは夏の女王で選出順位1位の遠藤エミがインから持ち前のS力を発揮。行き足光る田口節子が巧差しで迫る。積極果敢な渡辺優美、細川裕子もテクニックもコーナー戦で見せる。
   ◇   ◇
 8月レディースチャンピオン、11月レディースチャレンジカップを含めて、今年の優勝は7回。獲得賞金ランキングは堂々の女子ナンバーワン。2021年の女子ボート界を引っ張ってきたのは間違いなく遠藤エミ(33)=滋賀=だ。次に狙うのは史上3人目の“夏冬の女王”。偉業に向けて遠藤が初戦に挑む。
 エンジン抽選で引いたのは40号機。前評判は決して高くないが「まだ片面は甘いけど、ペラは特訓の前に叩こうと思っていた形に叩きました。いいエンジンの押す感じがありました」。調整に反応があったことに手応えを感じている。ここからは一走目に向けてさらにパワーアップを狙う。
 今年、女子のビッグレースで次々と結果を出してきた。しかし、3回出場したSGでは全て予選落ち。「結果は出ているけど、上の舞台で結果を出せなかったのが悔しかった1年でした」。自身の力を発揮できなかったことに、歯がゆさも感じている。
 17年の完全優勝以来、2度目のクイーンズクライマックス優勝に向け「福岡は特別に好きでも嫌いでもないけど、しっかり(調整を)合わせればうねっていても乗れる」と当地水面に苦手意識はない。「優勝すればいろいろチャンスが広がるので頑張りたい」と言葉に力を込める。今年味わった悔しさを来年のSG戦線にぶつけるためにも、完全無欠のレースを披露したい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ